光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構は、SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)第2期課題「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」公開シンポジウム2020をオンラインで開催します。 どなたでもご参加いただけます。皆さまのご参加をお待ちしております。

 実 施 概 要 
日  時:令和2年11月9日(月)13:30-18:00
開催方法:オンライン配信(Zoom使用)
参加費用:無料
定  員:500名(先着順)
共  催:内閣府/国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(QST)
後  援:総務省/文部科学省/経済産業省

本シンポジウムの配信は終了しました。ご視聴ありがとうございました。

 プ ロ グ ラ ム

 S-1  13:30 ~ 13:35   開会挨拶

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構理事長 平野 俊夫

 S-2  13:35 ~ 13:40   主催者挨拶

SIPプログラム統括 内閣府政策参与  須藤 亮

 S-3  13:40 ~ 13:50  プログラム紹介

SIP「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」  プログラムディレクター  西田 直人

 S-4  13:50 ~ 15:05   研究成果発表

東京大学 物性研究所 教授 小林 洋平
浜松ホトニクス株式会社 中央研究所 副所長 豊田 晴義
京都大学 大学院工学研究科 教授 野田 進
国立研究開発法人情報通信研究機構 未来ICT研究所 量子ICT 先端開発センター 研究マネージャー  藤原 幹生
早稲田大学 基幹理工学部情報通信学科 教授 戸川 望

 S-5  15:05 ~ 15:20   ビデオメッセージ

フラウンホーファー研究機構(独)
オランダ応用科学研究機構(蘭)
財団法人工業技術研究院(台)

 S-6  15:20 ~ 16:20   CPSプラットフォーム オンライン討論

プログラムディレクター 西田 直人
サブプログラムディレクター 安井 公治
サブプログラムディレクター 佐々木 雅英

【ゲスト】
早稲田大学 基幹理工学部情報通信学科 教授 戸川 望
東京大学 物性研究所 教授 小林 洋平
浜松ホトニクス株式会社 中央研究所 副所長 豊田 晴義
京都大学 大学院工学研究科 教授 野田 進

 

 S-7  16:20 ~ 16:25   主催者謝辞

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 理事 茅野 政道

 

 S-8   ~ 18:00   オンライン展示スペースの公開

オンライン展示会場は当日にご案内いたします。

   

―「光・量子を活用したSociety 5.0実現化技術」公開シンポジウムとは ―



内閣府に設置されている「総合科学技術・イノベーション会議」が、府省の枠や旧来の分野の枠を超える科学技術イノベーションを実現するために創設された「戦略的イノベーション創造プログラム」(SIP)の第2期課題として採択された「光・量子を活用したSociety 5.0 実現化技術」の広報活動として毎年1回行われております。是非お気軽にご参加ください。




<お問い合わせ先>
(シンポジウムの内容について)
量子科学技術研究開発機構SIP光・量子シンポジウム事務局
E-mail : sip-symposium@qst.go.jp

(参加登録の受付について)
SIP光・量子シンポジウム2020オンライン 開催事務局
TEL:03-5966-5778 (受付時間9:00~17:00※土日・祝日は除きます。)
E-mail : s-site@pqts-symposium2020.jp